FC2ブログ

BEAR WAREHOUSE


14
Category: ILLUST   Tags: ---

デジタル原稿作成

お手伝いに来てくれてたacolonさんに教えてもらった、某方へのオススメ、フォトショップでグレースケールの画像を「二階調のハーフトーンにするプラグイン
その導入方法は解凍したファイルの中に同封して下さってるリンク先に記載されているのですが、画像をつけて書かせていただきます。 
ものそい初心者向き。macはわからない!winさん仕様のみ。



まずはhalftone.zipのリンクを押してファイルをDL、保存
1


保存した先のファイルを開けて、DLしたプラグインのファイを解凍します。
解凍ファイルを右クリックしてメニューを出して、「全て展開」をクリック
2


展開のウィザードが開いたら「次へ」
3


赤い所はプログラムを保存する場所です。特定の場所に保存したい時は「参照」を押して選択してください。
特にここに保存するってのがなければそのまま「次へ」にを押してください。
4


解凍が完了したら、解凍したファイルを開いてください。
5


ファイルの中には製作者さんが作ってくださったプラグインの説明書へのリンクと、プラグインのプログラムが入っています。
この緑のがプラグインのプログラムです。
6
とりあえずこのファイルを小窓にして横っちょに置いときましょう。


フォトショップを開きます。
横っちょに置いておいたファイルからプラグインをドラッグしてフォトショップに入れます。
(ドラッグ&ドロップ:なにそれわからんと思ったらコチラをご参照下さい。)
7

これでプラグインは入りましたが、初めて起動するにはフォトショップを一度閉じなければいけません。
フォトショップを閉じて、もう一度開ければ「フィルタ」のところにプラグインが追加されている筈です。

もしそれが追加されてなかったり、動かなかったら「ランタイムライブラリ」というものが追加されないといけないらしいので、
プラグインのプログラムと共にファイルに入れられていた「プラグインの説明書」のリンクを開けてください。
「プラグインに追加されない時!」の説明部分にソレのDL先を記載してくださってます。



プラグインが無事入ってちゃんと動かせるようになったよ!
ってな段階に入ったらこんなことが出来るようになります。

まず適当な画像ファイルを開いて試してみます。
8


1)フィルタを選んで
2)追加されたトーンのプログラムを選んで
3)ハーフトーン化を押す
11



すると小窓が出ます。
トーンの線数が選べるのでとりあえず60Lで選択。
OKを押します
12


するとこのグレースケールが
13

2階調の60Lトーンで出ました!
14


勿論他の線数にしたかったら、項目から選んで変換(これは30Lで選択)
15

線数はアナログのトーンを参照してください。他にトーン角度も変えられます。
重ねを表現したい時はトーン化したあと、手動で微調整してください。
濃度に関しては彩度の濃淡で変化しますので、自分用のパレットでも作っておけば後々色選択が楽になります。
16

プリントする時は拡大・縮小はせずに100%で印刷。でないとモアレます。


■作成手順■

1)線画を600dpiで作成
(1200dpiの原稿を作りたいときは600で作成の後、グレスケ作業前に1200に変換。
線画は600でも1200でもさして印象変わりません)

2)グレースケールでトーンの色配置

3)最後に線数を考慮しつつ一気にトーン化

が、一番効率いいんじゃないかなと思います。
データってものすごくキレイにトーン化してくれるので、線数が60L一変調だとのぺーっとしてアナログのような微妙な立体感とは違う感じに仕上がります。
慣れるまでは作業段階ごとにこまかく保存しておいて、仕上げ前にプリントアウト、
プリントアウトの印象から納得行くまで調整してみて、最後に提出の為のデータとして統合。ということを繰り返さないと泣きを見たり。。。
でもアナログとはまた違う表現や、作業工程になりますので、上手いように使いこないして下さい。
あと、言わずもがなかも知れませんが、今回見本に使った画像は線画・グレスケの分かれていない統合された画像ですので、
原稿作成の時は線画とグレスケのレイヤーは別に作成しましょう。でないと線画までトーン化されるよ!



【オマケ】
レイヤーの影響とか書こうと思ったんだけど力尽きたのでそれはまた…何かあったら。
とりあえずこの見本画像のレイヤー情報。

画像・色・白背景の三種になってます。
8

一番上の画像は、グレスケ画像のみ。白背景はくっついてません。
9

それを分かりやすくする為の「色レイヤー」
しかし特に使用しなかったので無駄な労力で終った。
10
この見本はグレースケールですがカラーでも使えるそうです。
あとは個人でいろいろ試してみてくださいまし!

以上!何か他にありましたら気軽に聞いたって下さい。自分もそえらい初心者なんで答えられるか分かりませんが!!!!!;;;;
スポンサーサイト





1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom