FC2ブログ

BEAR WAREHOUSE


11
Category: etc...   Tags: ---

一気に

どばーっと上げましたカットのお仕事
縁あって携わらせていただきましたが本当にお世話になりましたー
まだ終わってないのでラストまでよろしくお願いいたします。
それでは続きからざっくりコメント。
残念ながら大したことは書いていない本当にざっくりしたものです。



載せていただいたカラーは現在99点、+2号に掲載されたモノクロ原稿サンプルがあります
カットなので小さく載ることが前提、細かく描きすぎても駄目だしわかりやすくわかりやすく…
カットだけ見たら何ぞってなものも多々ありますが本編あってのカラーとお取りください
なるべく文字は使用しないように心がけたのですがやむなく使った所や指定があった場合は台詞が入ったりしています。

その時は学校卒業してアシしながら投稿(持ち込み中)まだデビューはしていませんでした確か
経験値も低くまだまだ未熟者な自分にとって初のカラーのお仕事がこのカットですべてが「どうしたらいいんだろう」でした
今でも「どうしたらいいんだろう」は尽きないんですが…

何せカラーの経験も乏しくて何で塗ればいいんだとかもうろうろしていたくらいです。
学校で習ったのは蛍光色は特殊色だから使うと悲惨なことになる、透明水彩はそんなにかわらない的なこと。
PCでの作業は教えてもらったもののソフトは揃ってないしよくわからない
遊びで塗って半分趣味で集めてたコピックはまだわからんでもないけど蛍光色がどうとかってのが気になる(し、結局なに使ってもカラーをやった絶対数が本当にモノクロに比べて少なすぎてやべえという…)

一番初めに使ったのは透明水彩でした。スケブで少し使ったりしたりはしてたけど仕事といえるほど技量がないのはわかっていつつもとにかく必死にぬりぬりぬり
全然色が濃くならない(そらそうである)、色味の幅が分からない、ものすごい時間を要する(コピックと比べると倍以上の時間がかかってしまっていたのです)

途中で画材の切り替えいいですかと聞いて問題ないとご返答頂きコピックに移行
更に途中からトーンを併用して

最終的にはPCになりました。

全部に言えることなんですがとにかく試行錯誤なんで順を追って見ていくと変化が…
友人様からのアドバイスとかを貰って一気に変わったところもあります
PCの時も詳しい方に聞いたりして本当にいろいろ助けていただきました。
途中からゲッシュ原稿も始まり隙間を見つけて作業
かなりの数の漫画家さんやイラストレーターさんも複数の仕事をかけ持っていると思いますが自分は未熟なのでこっちの仕事には完成度の斑が出てしまいました…
あああ…いかーん…orz
でもゲッシュの方には作業響かせはしなかったのでそこはなんとか死守できました。。。

数こなさないとなんでもどうにもならないと改めて学んだカットたちであり、たくさんの人にお世話になり
あともう少しかと思うと99とか言ってもあっという間だなあと。。。
何はともあれ最終60号まであともう少しです
スポンサーサイト





1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom